浜崎漁港の釣りポイント情報(ハマサキ)

 

渡久地港(2kmほど北側)と本部港(隣接)の間に位置している。
すぐ北側に瀬底大橋がみえる。

 

ちなみに隣接する浜崎港は瀬底島の連絡港だったが
1985年の瀬底大橋の開通に伴って役割を終えたそうです。
本部港からは伊江島行きと水納島行きのフェリーが運航されている。

(ほかに那覇→本部港→与論(ここから鹿児島県)→和泊→亀徳→名瀬→鹿児島港を結ぶ旅客船が運行されている。
那覇鹿児島間735km。 本部鹿児島間679km。
時間は25時間くらいで 2等和室で14600円ほど 1等で29200円ほど

 

 

釣れる魚
・カーエー
・タマン
・イラブチャー
・トカジャー
・ガーラ
・太刀魚
・イスズミ
・チヌマン

エギ・ルアーフィッシング
・アオリイカ
・クブシミ

 

 

 

周辺施設など

・もとぶ釣具店AM7:00~PM20:00(2014年12月17日移転オープン)
0980474495

 

・ダイソービッグもとぶ店
・ドラッグイレブンもとぶ店
・ザ ビッグ
・ローソン
・サンエーもとぶ食品館

 

 

 

 

 

 

 浜崎漁港

 

 

 浜崎漁港

 浜崎漁港

 

 

 

 

 

 

新里漁港の釣りポイント情報(シンザト)

サンゴ礁&岩群と1km奥にリーフが形成されているが深い海がすぐ近くまで入り組んでおりダイナミックな地形になっている。

網が入っている場合があるので網用のウキ(確認用目印)を見つけることが大事。

 

釣れる魚
・イシミーバイ
・タマン
・クチナシ
・太刀魚
・ガーラ
・チヌ

エギ・ルアーフィッシング
・イカ

 

近くの港・ビーチなど

・渡久地港
・もとぶ元気村のマリン港(陸向けは子供向け)
・運天漁港

 

近くの施設など

・ローソン本部具志堅店
・海ぶどう直売所

・Ma-Blue Garden House(宿泊 2名様1泊 お一人様料金1万円ほど)

・備瀬フク木並木通り

・エメラルドビーチ

・ちゅら海水族館

・うっさぁー家

・ゲストハウスいーさー

・シンセビーチ

・ペンションパパラギ王国

・具志堅ビーチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運天港の釣りポイント情報(ウンテン)

今帰仁村にある歴史ある港。かつて薩摩藩の黒糖搾取の出荷港として利用されて、戦時中は軍船などの寄航港であった。

水深は5mほど。台風の前・台風の直後は天然の避泊地(羽地内海への入り口)として知られている。
ちなみに地域的には今帰仁村上運天ではあるが「上運天港」という名称にはなっていない。
2kmほど離れた北側に運天漁港がある。こちらは地域も今帰仁村運天である。

 

1988年から伊是名島行き航路(所要時間55分)が、1990年に伊平屋島行き航路(所要時間1時間20分)が運行されるようになった。

 

羽地内海では2015年から近畿大学からマグロの稚魚の提供を受け、マグロ養殖を開始した。

 

ほか近くの漁港に屋我地漁港・古宇利漁港・羽地漁港など
2010年に本島と屋我地島を結ぶ橋(ワルミ大橋)が開通した。
これにより屋我地島や古宇利島への交通の利便性が高くなった。

 

近くの施設など

・海の丘 Umi☆ OkaInn(宿泊)

 

釣れる魚

・チン

・イラブチャー

・タマン

・マクブ

・ガーラ

・アオリイカ(白イカ)

・クブシミ

・カースビー

 

 

 

 

 運天港

 

 

 運天港

 

 

 運天港

 

 

 

 

奥港の釣りポイント情報(オク)

 

釣れる魚:

タマン・イラブチャー

奥川などから流れてくるヤンバル(山原)の腐葉土が海に栄養をもたらし

自然豊かな環境がみられる。

 

 

奥集落の人口は約200人ほど

 

お買い物には国頭村奥共同店(明治39年・1906年~)がある。

 

 奥漁港

公共の写真:第十一管区海上保安本部より

 

  奥漁港

公共の写真:第十一管区海上保安本部より

 

  奥漁港

公共の写真:第十一管区海上保安本部より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慶佐次漁港の釣りポイント情報(ゲサシ)

アクセスドライブコースは
国道58号線から羽地湾を過ぎて県道14号線から東側へ抜ける方が早い。

 

東村には他 東漁港(ヒガシギョコウ)がある。(慶佐次漁港の北にあるひとつ隣の漁港)

南にあるひとつ隣の漁港は汀間漁港(テイマギョコウ)になる。(名護市)

カーエー(ゴマアイゴ)・チヌの浮き釣りポイント
大型カーエーを狙うなら秋がよい。釣れる時間帯は日没、若しくは日出でもよい。

 

打ち込みでタマン・マクブが狙える。

冬シーズンにはルアーフィッシングで白いか・クブシミなど釣果が期待できる。

 

慶佐次海岸沿いから大型のガーラが流れてくることもある。

 

 

 慶佐次漁港

公共の写真:第十一管区海上保安本部より

 

 

 慶佐次漁港

公共の写真:第十一管区海上保安本部より

 

 

 

 慶佐次漁港

公共の写真:第十一管区海上保安本部より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沖縄県は車エビ養殖業で日本一

沖縄県は車エビ養殖業で日本一。

「姿のイセエビ 味のクルマエビ」の格言があるくらいクルマエビは美食であり高値で取引される魚介類である。

クルマエビの味は他の養殖魚と比較して天然と養殖で味の違いがでにくい・わかりにくい。

日本一の車海老生産高を誇る沖縄県は有名になりもはや車海老の沖縄県といってもいいかもしれません。

沖縄県車海老漁業協同組合の専属・専門ホームページがある。
http://www.kurumaeb.com/

ほか養殖車えびを推している漁業共同組合
 ・天草漁業共同組合(熊本県車海老養殖漁業共同組合)
 ・西日本くるまえび養殖協会(広島県・山口県・愛媛県・香川県・大分県・長崎県)
これらに沖縄県車海老漁業協同組合(シェア率35%ほど)を加えて

全日本くるまえび養殖協会(シェア率70%)

クルマエビは熱を加えて旨いネタになる(注意:見た目含む)
茹で上がりを少し冷水で冷やすとより美味になる。

輸送手段が乏しい時代と見た目も重要な江戸前寿司の伝統的な仕込みが
味を悪くしてしまい客はなれをしてしまったかもしれません。
近年は活きた車海老をすばやく調理・寿司ネタにして美食を極める鮨屋が増えているそうです。

沖縄県車海老養殖の歴史
これまでは天然の車海老より採卵した種苗を県外より購入していたが
天然車海老が大幅に減少し種苗価格が高騰した。そして平成10年にはウィルス汚染被害により
300t(被害総額23億円)を被った。(市場規模は300億円ほど)

その後、苦難を乗り越え沖縄県海洋深層水研究所で車海老の種苗生産に成功し、より一層の価格安定生産が可能になった。

車えび 宜野座養殖の1kg冷凍相場 7000円

ちなみに宜野座村に
車海老養殖場を併設している「車えび料 理球屋(タマヤ)」という食堂があり人気が高い。
特に活き車えび単品メニューがあり
中サイズ(14cm)230円~大物(17cm)400円  そしてゴジラサイズ(約19cm)900円
があり、なかなか格安だとおもいます。

沖縄県で日本一生産されている車エビなのに出荷のほとんどが本土向けなので
沖縄県民でもそうそう食べることがないので こういったお店はとてもいいですね。
車エビ系の料理(カレーや丼系もあり) 値段が安くコストパフォーマンスが高い。

球屋
住所:沖縄県国頭郡宜野座村字宜野座1008番地
電話番号:0989684435 (但し電話予約不可)
営業時間: AM11:30~PM21:00
定休日:火曜日

沖縄県には天然の車海老はいない
愛知県の県魚クルマエビ(1990年9月28日制定)旬が夏(産卵のため漁獲が増える・卵持ち・エネルギーが蓄えられるとい意味では)
もうひとつの見解 旬は冬(深場に移動し潜って冬眠する前にエネルギーを蓄えて加えて冬場の寒さが身を引き締めるから)
 愛知県では車海老の養殖はやってないそうでそれ即ち
愛知県産クルマエビといえば天然物高級車海老ということになります。
愛知県田原市では稚エビを育てて、大量の小エビを放流している。

おせち料理に欠かせない車海老
 理由 甲殻類は茹でると赤になるが車海老は紅白になる。
江戸前鮨の海老は車海老と相場が決まっている

復帰の年から本格的にはじまった当時の大臣のすすめで
旬は夏だか沖縄だと水が温かいから冬場でもできるのでは?と進められ
そこから3年掛かりで養殖に成功したそうです。

平成2年に車海老組合を結成。

平成14年に無菌による母海老により完全養殖に成功。

平成7年から日本一の生産高になった。
しかしながら流通はほとんど築地に流れ県内での認知度は低い。

天然車海老の漁獲量・漁獲高は全国で3700トン(1985年)であった。
それが30年経った2015年頃には約500トンまで減少している。
その為(資源枯渇問題)、日本のクルマエビ養殖の重要性が高まり
1970年代から養殖の取り組みが功を奏し2015年頃には1600トンまで生産量を上げている。

ただその一方で日本はクルマエビ類の輸入大国で世界各国から格安のクルマエビ系を輸入している。
その輸入量は年間21万トンほどであり(ブラックタイガーやバナメイエビ等)

世界のエビ生産の8割がアジア及び東南アジアなので円高に傾いたときなどに競争力低下が懸念される。
遠くはスペイン・トルコ・南アフリカ・オーストラリア

沖縄県の車えび養殖場一覧

◇沖縄県本島地区
  ・宜野座養殖場 宜野座村字宜野座1008(0989688342)
  ・エナジック車海老養殖場  沖縄県うるま市字具志川3071番地(0989233661)
  ・白水養殖   沖縄県八重瀬町字具志頭1606(0989982779)

◇久米島地区
  ・南西興産   沖縄県島尻郡久米島町字宇根1676(0989858459)
  ・久米総合開発  沖縄県島尻郡久米島町字北原1番地(0989853254)

◇八重山地区
  ・エポック石垣島
  ・石垣エビ養殖
  ・ユーグレナ竹富エビ養殖  八重山郡竹富町字竹富1414(0980852212)
※竹富島の人口は350人ほど

◇宮古地区
  ・あさひ

天然クルマエビの有名どころ
横須賀沖&富津、静岡県浜名湖、鹿児島県と宮崎県の志布志湾、熊本県八代、長崎県島原など

クルマエビの採り方捕まえ方


最新→エビの棲家(住家)に電極を押し付けて通電させて捕まえる。

沖縄産牡蠣の可能性 考察1

牡蠣養殖の条件

質の高い川(腐葉土・植物性プランクトン)
水深が深い=日照の影響を受けにくい(水温が上がると牡蠣は死んでしまいやすい。)
夏場は「養殖垂下法」の利点を生かし、水深を下げる。
ホタテの貝殻を海に沈め稚貝を集める。

宮城県のカキの養殖には沖縄県大宜味村の宮城新昌さん(明治15年生まれ)が貢献したそうです。
「養殖垂下法」を考案したのも宮城さんだそうです。
※大宜味村に宮城さんの記念碑があります。
※宮城健隆さんカフェ「メリー」経営。
沖縄には身がほとんどない小さな牡蠣がいますが、はるか昔は20cm級の大きな牡蠣もいたようです。(化石採集による)
大宜味村塩屋では高海水温のためかいまでは養殖をしていない。
ただ、香港流浮山の牡蠣の養殖は有名であり、
日本の牡蠣の種類は25種類以上。
その中で主流は真牡蠣(マガキ属)と岩牡蠣(マガキ属)

ほか食用主として
スミノエガキ(住之江牡蠣・マガキ属)、シカメガキ(マガキ属)→アメリカへ移住(現地名で「クマモト」として人気を得る。)
イタボガキ(板甫牡蠣)→現在、保護観察中
ヨーロッパヒラガキ(欧羅巴平牡蠣)イタボガキ属
かつては欧州の主役級であったが寄生虫被害で人気が落ち、現在は日本からやってきたマガキに奪われる。
ちなみにオーストラリアでは牡蠣の養殖がはじまったのは1880年代といわれています。
こちらも地元特産のロックオイスターの地位を脅かします。
ほか2種: パシフィック・オイスターとマッド・オイスター(フラット・オイスター)
日本の水産業は総生産額1兆5000億円。(養殖漁業は1兆円前後)

沖縄本島の珊瑚礁分布 考察1

糸満市の荒崎海岸

喜屋武岬より左側海岸

大度海岸
ザ・サザンリンクスゴルフクラブ横・玻名城海岸
百名海岸・新原ビーチ

泡瀬干潟奥

宮城島の右側と伊計島南

浦添市 西洲(読み:イリジマ)
那覇空港左側一帯

北谷町宮城と砂辺の海岸

嘉手納町比謝川河口・渡具知海岸
読谷村楚辺海岸
残波岬より左側海岸
真栄田の海岸

谷茶の海岸
恩名の海岸

恩名村仲泊海岸

恩名村万座

かりゆしビーチ
瀬底島
本部町浜元の海岸

ウッパマビーチ
久志~屋嘉ビーチ

嘉陽海岸
東村慶佐次の崎一帯
東村宮城海岸一帯
安田小学校付近の海岸

楚洲海岸
奥小学校付近の海岸
謝敷海岸
国頭村伊地の海岸
国頭村桃原の崎一帯
大宜味村役場前の海岸~根路銘海岸
大宜味村塩屋

エメラルドグリーンの場所に多い?深くきれいな砂地?
大きなリーフに守られている?
きれいな環境?
貝類が多い?
リーフ外環境は?
陸地環境は?

質問|沖縄の三大高級魚とは?アカジン(ハタ科)・アカマチ(フエダイ科)・マクブ(ベラ科)

沖縄三大高級魚とはアカジン(ハタ科)、アカマチ(フエダイ科)、マクブ(ベラ科)を指すことが多いが
アカマチ、マクブを除外しタマン(和名:ハマフエフキ  フエフキダイ科)、
アーガイ(ブダイ科 沖縄方言名総称:イラブチャー  和名:ヒブダイ)

また、シチューマチ(アオダイ)、クルキンマチ(ヒメダイ)、シルユー(シロダイ)などを候補に挙げる人もいます。
大手メディアや釣り雑誌等が「これが沖縄の三大高級魚」と推せば、それが世間一般の情報誘導になりますが
アカマチは漁獲量が(意外に)多く、果たして高級魚に組み入れていいのだろうかとおもいます。
(販売者からすると付加価値がついてうれしいですよね・・・)
人それぞれの三大高級魚が探求され見つかるのが好ましいとおもいますが、どうでしょうか?
【質問】
よかったら、あなたの沖縄の三大高級魚を教えてくれませんか?

アカマチ(和名:ハマダイ  フエダイ科)
生息地域:本州以南で水深200m以深に生息。
体長は大型になると120cmに達する。
食性は肉食性で小魚・甲殻類・頭足類などを捕食する。
漁獲量は意外に多い。その為、アカジンより基本的に安い。

アカジン(和名:スジアラ  ハタ科)
生息地域:鹿児島県以南の岩礁帯・珊瑚礁に生息。
名前の由来は沖縄方言でアカ(赤い)・ジン(お金)で
捕獲すると高価でお金になる魚ということから由来する。

マクブ(和名:シロクラベラ  ベラ科)
生息地域:沖縄県以南の珊瑚礁域・やや浅めの砂礫底に生息。
大型になると最大で1m級に達する。
食性は底生動物や甲殻類を食べる。

沖縄県|アオブダイは強い毒性をもった危険魚。死亡事例あり

沖縄県産のイラブチャーは刺身にするとこりこりして美食・珍味で美味しく人気が高い
沖縄県内のブダイ科はナンヨウブダイ、ヒブダイ、イロブダイなど
ブダイ科=イラブチャーの総称・名称は沖縄県内で定着化しているが
また色の青さから「青いイラブチャー」=アオブダイという名称も使用されている。

しかし、県内周辺の海でアオブダイ属アオブダイが水揚げされることは稀で
また、市場にでまわることも皆無に等しくアオブダイは食べられる魚と考えられているが
沖縄県内で絶対確実に出回らないとはいえない。(釣り・船乗りの初心者がいるためである。)

ときどき市場でヒブダイを(イラブチャー・アオブダイ)との書き方で販売しているところをみかけます。
一般市民からみると、情報の混同をしがちであり、私見ではあるがアオブダイの名称は使わない方がいいのではないかとおもいます。

また、メディアがいくら「沖縄県内産イラブチャーと違う」と告知しても情報認知力が弱く、事故防止につながりにくいのではないでしょうか?

むしろ「アオブダイは危険魚・毒性の魚・食べるのを止めた方がいい魚」と積極的に告知した方がいいとおもいます。
そうすることで、沖縄県内の魚屋さんや取り扱い業者、また購買者などが情報力を高めることができるのではないでしょうか?
アオブダイはフグを食用するため、テトロドトキシン毒を内臓に蓄積する可能性があり、

さらにはスナギンチャクを捕食・食性しているため、スナギンチャクがもっている毒(パキシトリン)をそのまま食し
テトロドトキシン毒より強い強力な毒性のパキシトリン毒をそのまま内臓に蓄えている。

そしてその毒は身の部分にも含まれる(蓄積される)場合もあるそうです。
ウィキペディアによると
日本での食中毒死亡例・事故例は1953年以降、5人が亡くなっていて近年は2012年(長崎県)と2015年(宮崎県)
と事故報告例数は少ないが多くなっているように思える。海水の温暖化の影響で分布範囲が北上したのだろうか?
または、毒性の分析が進み「アオブダイ」が原因とわかるようになったのだろうか?

沖縄県内で水揚げされるブダイ科

・ナンヨウブダイ(沖縄方言名:ゲンナー)
・イロブダイ
・オオモンハゲブダイ
・カメレオンブダイ
・カワリブダイ
・イチモンジブダイ
・キビレブダイ
・オウムブダイ
・スジブダイ
・オビブダイ
・ハゲブダイ
・シロオビブダイ
・ダイダイブダイ
・レモンブダイ
・ナガブダイ
・アミメブダイ
・コブブダイ
・オニハゲブダイ
・ニシキブダイ
・ヒブダイ(沖縄方言名:アーガイ)雌は黄色に青が混ざり。雄は青系。
・オグロブダイ
・イチチンジブダイ
・タイワンブダイ