沖縄県では漁業権によって伊勢海老は採集禁止・禁漁になっている

沖縄県では漁業権によって伊勢海老は採集禁止・禁漁になっている

一般の人が使ってはいけないものにカニカゴがありそれ自体使ってはいけなく、伊勢海老を取ってはいけません。

こちらの罰則は比較的重くて 最大で「罰金200万円又は3年の懲役」の罰を受けると規定されてます。

上記のカニカゴ等、海の中で明確に漁業資源を漁獲することを目的にしているとして罰の重さがわかりますね。

そして、潮干狩り・イザリ・浜下りについてですが

ついつい見かけて 「これ取っていいの?」と考えてしまいますが
ヒメジャコ・ヒレジャコ・ヒレナシジャコ・シャゴウ・シラナミなどのしゃこがい類

ヤコウガイ
シマサザエ
シラヒゲウニ
タカセガイ
ヒロセガイ

そして   伊勢海老(イセエビ)!

また、ヒジキ・ヒトエグサ(あーさ)

などこれらを取ると20万円以下の罰金に科せられます。

また漁業者でも「沖縄県漁業調整規則」で禁止期間や体長制限などルールが定められていて
守らないと10万円以下の罰金及び6ヶ月以下の懲役をあわせた罪が課せられる。

業者間でもモラルとルールを守って海産資源を保護している訳なんですね。

伊勢海老の禁漁期間は4月1日~6月30日まで(←漁業者向けの告知)

それにしても・・・どんどん埋められている海なのにその一方で慣習・文化風習で浜下りで「あーさ」を取ってるおばあが怒られているのみると
なんだかなぁ・・・という気分になってしまいします。。。

沖縄県の離島によっては黙認(誤解をあえて?招く?表記)があったりとゆるーい島もあったりします。

漁協が敢えて漁業権侵害の範囲を定めて開放しているところもあるのでこれに習って
伝統文化について考えてみるのもいいかもしれません。

例:静岡県浜名湖において岸から5mの範囲で2kgまでのあさりの採集許可
ほか千葉県木更津では一定の料金の支払いで潮干狩りの一日漁業券の権利など

よくユーチューブなどに伊勢海老の釣り方とか取り方の動画がアップされているのをみかけますが・・・

 ・動画の後、キャッチアンドリリースをした

 ・動画撮影者または伊勢海老捕獲者が漁業権をもっていた

 ・殆どの沿岸は漁業権が設定されているとおもいますが西之島のような
     新しい島(若しくは無人島)で漁業権が設定されてなかった

などが考えられますので一概に違反者だと決めつけることができないでしょう・・・

さらになにか疑問などがあればこちらに問い合わせ質問してみるのもいいでしょう
罰金・罰則があるので知らなかったという事がないようにしましょう!

農林水産部水産課漁業管理班
0988662300

八重山支庁農林水産整備課漁港水産班
0980822342

宮古支庁農林水産整備課漁港水産班
0980722365